30ポンド以上の注文で無料配送
ライブチャット
全世界への配送が可能に
エクセレント Excellent Trustpilot
Alphagreen
>
Academy
>
Uncategorized
>
医療用大麻におけるアントラージュ効果
By Anastasia Myronenko

Anastasiia Myronenko

Anastasiia Myronenkoは、ウクライナのキエフにある主要な癌センターで活躍する医学物理学者である。カラジン・ハリコフ国立大学で医学物理学の修士号を取得し、ドイツのGSIヘルムホルツ重イオン研究センターで生物物理学のインターンシップを終了しました。Anastasiia Myronenkoは、放射線治療を専門とし、ウクライナ医学物理士協会のフェローである。

医療用大麻におけるアントラージュ効果

alphagreen-Better

薬用大麻についてわからないことはありますか?

この質問にシンプルに答えると、「たくさんあります。」

最近のニュースで、日本でも医療用大麻が解禁されると報道されていましたが、今まで禁止だった訳だし、大麻も使ったことがないから何もわからないという方がほとんどでしょう。大麻とその最も有望な成分であるカンナビノイドの治療効果を調べるために、外国では非常に多くの研究が行われてきました。

Alphagreen 10% cbd oil - only £30

Comes with 30 day money back guarantee

しかし、カンナビノイドの有効性や従来の薬との競合性については、研究やヒト試験、科学的根拠がまだまだ不足している状態です。

世界中の科学者たちは、大麻の素晴らしい将来性を予測しており、現在までにわかっている情報は氷山の一角に過ぎないと述べています。大麻の専門家によると、大麻とその化合物がもたらす健康上の利点は、まだまだ研究途中ですが、それも時間の問題です。現在、薬用大麻に関する多く研究がされており、その界隈の分野の成長は発展を続けています。

大麻成分の観点では、CBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)が、大麻に含まれる100種類以上の成分の中で最も有名ですね。

これらのカンナビノイドは、様々な研究でその有効性と治療効果が実証されています。また、患者さんからの逸話的な証言も増えており、CBDとTHCの評価は高まっています。CBDとTHCをベースにした製品の世界市場は、ウェルネスと健康の分野で人気を博しており、2027年には240億ドルに達すると予測されています。興味深いのは、現在、規制上の問題や臨床研究の不足があるにもかかわらず、大麻市場の成長が安定していることです。これは、人々がこのような変化を受け入れ、大麻による治療を全く別の観点から見直す準備ができていることを意味します。

カンナビスの特性とその使用の安全性を調査する研究は継続的に行われています。研究の結果、カンナビノイドの健康上の利点が確認されたため、より詳細な研究が行われ、大麻の薬用利用の新たな可能性が生まれています。無作為化臨床試験に成功した結果、エピデオレックス(Epideolex)と呼ばれる大麻ベースの医薬品がFDAから承認されました。大麻から抽出された純粋なカンナビジオールが、ドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群(LGS)という2つの特定のてんかんの発作を抑える効果があるという説得力のある証拠が得られました。現在、エピデオレックスは欧州医薬品庁(EMA)の審査を受けています。CBDは、希少なてんかん以外にも、他のてんかん患者を助ける可能性があります。さらに、CBDはてんかん患者の治療だけでなく、他のさまざまな病気や症状にも効果を発揮します。

多発性硬化症

多発性硬化症(MS)は、中枢神経系の衰弱性疾患の一つである。多発性硬化症の主な原因は、神経線維を覆う特別な保護層であるミエリンを、免疫系が誤って攻撃し始めることにあります。このような攻撃により、炎症、瘢痕組織、病変などが発生します。その結果、脳から体全体への信号の伝達が著しく妨げられます。多発性硬化症は、患者数が増加し続けていることから、現在のホットな問題の一つとなっています。多発性硬化症の罹患率が最も高い国は、カナダ、デンマーク、サンマリノ、スウェーデンです。現在、多発性硬化症の治療には、多発性硬化症の進行を遅らせ、再発率を低下させることを目的とした疾患修飾療法(DMT)が用いられています。しかし、CBDが多発性硬化症の症状の治療に使用され、他の薬と一緒にMS患者にとって有益であることも想定されていました。この仮説は、多発性硬化症と診断された患者の痙攣という症状にCBDが有効であることを示した、いくつかの対照科学研究の肯定的な結果によって裏付けられています。ヨーロッパのいくつかの国では、サティベックスという薬が多発性硬化症の痙攣に承認されています。Sativex- サティベックス(別名:Nabiximol)は、組成物中にTHCとCBDを含み、以下の国で商品化されています。

  • デンマーク
  • オーストリア
  • ポーランド
  • フィンランド
  • スイス
  • ドイツ
  • ノルウェー
  • スウェーデン
  • イタリア
  • アイスランド
  • スペイン

特に、イギリスとカナダは、サティベックスを最初に商業化した国です。

alphagreen-Better

この世界地図では薬用大麻が解禁されている国とされていない国を表しています。Legal=合法 Partially Legal=一部の地域で合法

現在では、従来の医薬品では症状が緩和されないMS患者にも処方されるようになっています。多発性硬化症を完治させる治療法はまだなく、多くの患者がTHCの中毒作用を避けたいと考えているため、MSの診断を受けた人の中には、現在の医療プログラムに加えて代替治療を受ける人が増えています。多くの人が選んだのは、食事療法や運動療法、マッサージ、瞑想、鍼灸、太極拳などです。しかし、 CBD単独であっても痛み、疲労、筋痙攣、抑うつなどの多発性硬化症の一般的な症状を緩和することができ、精神作用をもたらすことなく、患者の全体的な運動能力を大幅に向上させることができます。

しかし、THCがないとCBDの効果が低下することは証明された事実であり、その理由は後述する神秘的なエントラージュ効果にあるとされています。また、併用薬に低用量のTHCを加えることで、多くのMS患者が治療から最適な効果を得ることができると結論づけられました。今日、MS治療を受けている患者は、症状を緩和し、治療結果を改善するために、CBDとTHC、その他いくつかの非サイコアクティブなカンナビノイドを同じ比率で配合した製品であるEleCeedを日常的に選択しています。

自閉症

自閉症の有病率は世界的に上昇し続けています。自閉症の有病率が10,000人に1人だった1970年代から、59人に1人になった2018年までの間、多くのことが変わりましたが、自閉症の治療には変わりません。現在、医療用大麻、特にカンナビジオールが自閉症患者の症状を緩和する効果があるという主張を肯定するか否定するかの研究が進められています。自閉症の症状に対するCBDの使用については、非常に障害のある患者であっても、カンナビジオールを使用した後に対話ができるようになったという逸話が数多く存在しています。より科学的に確認されたアプローチとしては、様々な臨床試験で得られた結果は、励みになるものから一貫性のないものまで様々であり、最終的な結論を出すには追加の研究が必要です。例えば、ある研究では、53人の子供たちが2ヶ月間、治療に加えてカンナビジオール600mgを毎日摂取しました。その結果、次のようなことがわかりました。

  • 71.4%の患者で睡眠の問題減少
  • 47.1%の患者で不安感軽減を実感
  • 68.4%の患者で多動症状が改善
  • 67.6%の患者で自傷行為や怒りの発作が減少

2019年に開催された別の研究では、CBDを服用している患者の61%において、自閉症の子どもの行動の発生が改善されたか、またはかなり改善されました。これらの結果は非常に有望ですが、自閉症に対するCBDの効果を評価し、長期的なCBD治療の潜在的なリスクを判断するためには、さらなる研究や調査を行う必要があります。また、薬用大麻を用いた自閉症治療における低用量THCの役割についても明らかにする必要があります。

研究者たちは、有望な結論は得られなかったと述べていますが、CBDによる治療後に患者の行動が改善したという逸話が続いています。CBDを毎日の治療に取り入れている自閉症患者の観察結果はすべて登録され、長期的にモニターされています。EleCeed、TheraCeed、ClaraCeedなどのCBDベースの医薬品は、研究者が自閉症患者の最も一般的な症状に対するフォーマットと処方の両方の調整の影響を比較することができます。これらのデータを収集・分析する主な目的は、カンナビノイドをベースとした医薬品の潜在的な効果を最大限に発揮させることと、介護者にさらなる裏付けとなる知見を提供することです。

不安

今日では、CBD入りコーヒーを数口飲んだり、CBDグミを数個食べたりするだけで、日常の不安が大幅に軽減されるという主張が多く見受けられますが、もっと科学的に証明された事実を考えてみましょう。

しかし、カンナビジオールが不安障害や一般的な社会不安を治療できることを証明する 科学的データがあります。

CBDの効果は、一部の患者の不安レベルを高めることが報告されているTHCの効果とは大きく異なります。また、CBDによる不安感の軽減は、ほとんどの処方箋付き抗不安薬とは異なり、通常は軽度から中程度の鎮静と多幸感をもたらします。CBDは、300mgから600mgの用量で、健康な対照群に実験的に誘発された不安を軽減し、社会不安障害の患者の不安を軽減する能力があることが、さまざまな研究で示されています。しかし、カンナビジオールはベースラインの 不安レベルに影響を与えなかったという、広告キャンペーンを見る目が変わるような事実もあります。

それは、私たち一般消費者にとってどのような意味を持つのでしょうか。

まず第一に、CBDは不安障害に悩む人には有効かもしれませんが、日常生活のストレスを抱える人には効果がないことが証明されているということです。とはいえ、医療用大麻の研究やCBDと不安症の関係は現在進行形なので、すべてが変わる可能性もあります。いずれにしても、自分の目的に合わせてCBDを選ぶ際には、宣伝文句だけに惑わされないようにすることを強くお勧めします。

統合失調症

CBDとTHCは、多くの病気や症状を治療・緩和することができる、一つの全体として認識されがちです。しかし、これらのカンナビノイドの生体への作用、そしてそれぞれのカンナビノイドがもたらす効果は大きく異なります。

人気のある2つのカンナビノイドの違いの例として、精神的な健康への影響が挙げられます。高THC製品は、双極性障害や精神病の発生リスクを高めると言われていますが、CBDはその逆で、統合失調症の治療に有効な薬剤であることがわかっています。

このカンナビジオールの能力を調査する研究では、統合失調症患者の第1グループには1日あたり800mgのCBDを4週間投与し、第2グループには一般的な抗精神病薬による治療を継続し、第3グループにはプラセボを投与しました。その結果、両グループともに統合失調症の陽性症状と陰性症状が同様に改善され、CBDがこの病気の治療に有効であると主張していることが確認されました。また、カンナビジオールと抗精神病薬は、プラセボと比較して、統合失調症の症状を緩和する効果が有意に高いことが示されました。さらに、CBDは、統合失調症患者の治療に一般的に使用されている抗精神病薬であるアミスルプリドと比較して、副作用が有意に少ないことも明らかになりました。このように、CBDは、統合失調症の症状を緩和し、患者さんの健康への影響を最小限に抑えることができるため、重篤な副作用を伴う医薬品に代わる治療法として期待されています。

現在、通常の統合失調症治療に高用量のCBDを加えることで、患者さんにとって有益な効果が得られるかどうかを調べる研究が進められています。現在、 全世界で最大0.7%の人が統合失調症の診断を受けて生活しています。 医薬品と同様の効果を持つ、より自然な新薬が登場することで、これらの患者さんの健康状態が大幅に改善され、病気の進行リスクが低減され、この疾患の最も衰弱した症状が改善される可能性があります。

炎症

CBDの切り札は、急性炎症と慢性炎症の両方を抑える能力です。CBDは、経口または局所的に摂取することで強力な抗炎症作用を発揮します。

このカンナビノイドの能力は、多くの研究や試験で確認されており、関節リウマチ、大腸炎、肺の炎症、神経の炎症などに伴う炎症を緩和するCBDの可能性を示す証拠が示されています。関節炎に対するカンナビジオールの効果を調査した動物実験では、ラットモデルにおいてCBDが炎症を軽減することが示されました。さまざまな研究で得られた結果は有望ですが、炎症治療におけるCBDの有効性を実証するには、ヒトを対象とした堅牢な研究をさらに行う必要があります。しかし、ヒトを対象とした試験が行われていないにもかかわらず、カンナビジオールがさまざまなタイプの炎症に効果を発揮したという口コミ話は数多くあります。CBDの炎症抑制効果は、患者がオピオイドを服用しなければならない場合には特に期待できそうです。オピオイド問題は世界的な規模の問題であり、オピオイドの代わりになる薬はまだありません。現在、カンナビジオールは、オピオイドの完全な代替とまではいかなくても、少なくともオピオイド治療の一環として処方することで、オピオイドの副作用を大幅に軽減し、オピオイド中毒を減少させることができる活性剤として、活発に研究されています。例えば、手足の神経に激しい痛みを伴う末梢神経障害の患者さんでは、炎症が重要な役割を果たしています。この診断を受けた患者さんの多くは、痛みを抑えるためにオピオイドを処方されますが、医療用大麻の方がより良い代替手段であると主張されています。この問題を調査したある研究では、末梢神経障害の患者の62%が、低CBD薬を服用している間、オピオイドの使用を減らし、さらには止めたことが実証されています。

今日、ますます多くの研究が薬用大麻の新たな特性を明らかにし、不安やうつ病から、がん、多発性硬化症、関節リウマチなどの世界的規模の病気まで、さまざまな症状に使用できる可能性を評価しています。この植物についてはすでにすべて分かっているので、他の特性を調査し続ける理由はないと言う人もいるかもしれませんが、科学者や大麻の専門家はそのような意見に反論するでしょう。

カンナビノイドについては、まだ多くの疑問があります。大麻植物が私たちの健康に有益な効果をもたらす主な「謎」は、その成分がどのように相互作用するかということです。

alphagreen-Better

不思議なアントラージュ効果

CBDとTHCはどのように組み合わされ、大麻の効率に影響を与えるのでしょうか?

アントラージュ効果は、大麻の主な秘密の1つであり、世界中の大麻研究者の頭を悩ませています。この効果の本質は、大麻の強力な治療効果は、大麻の化学成分の複雑な相互作用の結果であるということです。

彼らはどのように相互作用するのでしょうか?また、大麻のユニークな効果はアントラージュ効果によるものなのでしょうか?それを解明してみましょう。

「アントラージュ効果の父」と呼ばれるのは、イスラエルの大麻化学者、ラファエル・メフーラムです。この科学者は、薬用大麻研究の革新者、パイオニアとして世界的に知られています。ラファエル・メフーラムの造語である「アントラージュ効果」とは、大麻のさまざまな化合物が相乗効果を発揮して、私たちの体のさまざまな病気や症状に影響を与えることを意味しています。さらに、アントラージュ効果とは、大麻の化合物が単独で作用するよりも複数が一緒に作用することを意味します。1998年に発表された研究 では、ラファエル・メフーラムと彼の研究チームが、大麻植物のさまざまな成分が全体として働き、大麻植物にユニークな健康効果を与えていると思われる複雑な方法を説明しています。

現在では、様々なカンナビノイドの治療効果が科学的に確認されています。例えば、THCには、吐き気を抑える、食欲を増進させるなどの効果があります。少し前には、合成THCを原料としたマリノールという医薬品がFDAから承認され、正式に購入できるようになりました。この薬は多くの患者さんに愛用されていますが、その効果は大麻の花の効果とは異なることがさまざまな 研究 で明らかになっています。マリノールは、通常の大麻とは異なり、THCの効果を模倣するために作られた合成化合物であるドロナビノールを含んでいます。この薬は米国で承認されており、化学療法を受けているがん患者の吐き気や嘔吐の緩和、HIV/AIDS診断を受けた患者の消耗症候群の治療に使用されています。

問題は、合成されたドロナビノールが本当に天然のTHCと同等の効果があるのかということです。予想通り、それはできません。マリノールの主な活性化合物はTHCに非常によく似ていますが、多くの症状を治療する上で植物全体の大麻ほどの効果はありません。加えて、マリノールは錠剤であるため、吐き気や嘔吐に悩まされている患者にとっては胃に負担がかかります。また、マリノールは通常の大麻に比べてより強い精神作用があると言われています。

なぜそうなのか、大麻の「秘密の要素」のうち、どの部分が科学的に隠されているのか。その答えは、「アントラージュ効果」にあります。

1964年にRaphael MechoulamによってTHCが初めて単離されて以来、カンナビノイドを含む約500種類の天然化合物と、さまざまなテルペンが大麻植物から発見されています。テルペンとは、植物に特有の香りを与える多様な有機化合物のこと。大麻では、植物に香りを与えるだけでなく、テルペンには薬効があるとされています。例えば、代表的なテルペンであるカリオフィレンやピネンは、強力な抗炎症作用があることが知られており、不眠症や筋肉の痙攣などにも効果があるとされています。大麻研究者の中には、テルペンの健康効果は、カンナビノイドと一緒に摂取することでより強力になると言う人もいます。

現在の大麻の研究は、天然または合成のカンナビノイドを単独で使用することに重点が置かれています。確かに、個々の大麻化合物の特性の全領域を理解するのに役立つかもしれませんが、大麻の専門家は、大麻植物全体を調査することで、より全体的なイメージを得ることができると述べています。これが、植物全体を使った大麻薬が薬用大麻の将来像として考えられている主な理由です。

私たちが大麻を吸ったり、ティンクチャーを摂取したり、その他の方法で大麻を摂取すると、CBDやTHCだけでなく、すべての大麻化合物が独自の方法で混合されます。これらの化学物質は互いに影響し合い、他の成分の特性を変えたり、効果を高めたりして、相乗効果を発揮します。マリノールのような合成麻薬が、なぜ通常の大麻と同じ効果を得られないのかという疑問に答えを与えてくれます。アントラージュ効果のメカニズムとその重要性を理解することは、全植物療法のあらゆる可能性を明確に評価する上で非常に重要です。大麻植物から特定の有益な化合物を抽出し、濃縮薬を作ることは論理的には可能です。しかし、エントラージュ効果の科学は、植物全体からのアプローチがより汎用性が高いことを明らかにしています。この違いを説明する最も簡単な例は、新鮮な果物や野菜とビタミン剤を比較した場合です。同じような有効成分が含まれていても、ビタミン剤はそれほど効果的ではありません。

Mechoulam氏の理論を裏付けるような研究結果が出ていますが、アントラージュ効果の研究は継続中です。マリノールの研究は、医療用大麻のポジティブな効果を評価するには、大麻から単一の化合物を抽出すればよいという単純なものではないことを示している。科学者たちは、さまざまな方法で大麻植物のエンタテイメント効果を観察してきた。これらの効果を明らかにする最も簡単な方法の1つは、特定の異なるカンナビノイドの効果を一緒に調べることです。例えば、CBDは、THCがもたらす酔いの効果を打ち消すと言われています。THCは大量に摂取するとパラノイアを引き起こすことが知られていますが、 1982年に行われた研究では、カンナビジオールがこれらの副作用に対抗できることが示されました。エンタプライズ効果を確認する興味深い実験が、大麻研究者のイーサン・ルッソによって行われました。純粋なTHCを10mg摂取すると、通常、約40%の患者に中毒性精神病が発生することが明らかになりました。しかし、THC48mgに相当するサティベックス(THCとCBDを同じ比率で配合した薬)を投与したところ、250人の被験者のうち4人だけが中毒性精神病を発症したことから、CBDがTHCによる精神作用を抑える効果があることが確認されました。

もちろん、批判がないわけではありません。大麻の研究に関しては、ほとんどすべてのことがそうであるように、いまだにコンセンサスが得られていないため、薬用大麻に反対する人々の間では、非常に多くの議論や批判が生まれている。メフーラムの理論も例外ではなく、科学者たちから批判を受けてきた。しかし、大麻研究者の中にも、大麻植物のエントロピー効果の存在を裏付けるデータはあまりないと述べる人もいる。しかし、大麻研究者の中にも、大麻におけるエンタプライズ効果の存在を裏付けるデータはあまりないと言う人もいる。この分野の研究が進み、この理論を確認するための研究が行われるまでは、大麻植物に含まれるカンナビノイドやその他の化学物質が相互に作用する方法について、誰も確かな結論を出すことはできません。

alphagreen-Better

アイソレートタイプのCBDを摂取しても効果はあるのでしょうか?また、どのようなTHCとCBDの比率がベストなのでしょうか?

アントラージュ効果を知った後に生じる次の疑問は、大麻植物の化合物が別々に作用するのかということです。今回の研究では、テルペンとフィトカンナビノイドを一緒に摂取することで、さらなる健康効果が期待できるとしています。

2011年にBritish Journal of Pharmacology誌に掲載された研究レビューによると、テルペンやフィトカンナビノイドを摂取することは、アンタレイジ効果により、以下のような症状に有効であると考えられています。

  • 炎症
  • 痛み
  • 真菌感染症
  • てんかん
  • 不安

CBDとTHCのようなカンナビノイドは、これらの症状やその他の様々な症状のために別々に摂取することもできますが、お互いに「バランス」をとることができないため、得られる効果は異なりますし、一方または他方のカンナビノイドを摂取したときに生じる可能性のある副作用を軽減することもできません。例えば、症状を和らげるためにTHCを摂取している人は、カンナビノイドを摂取した後に空腹感や不安感、鎮静感を感じることがよくあります。CBDをTHCと一緒に摂取することで、これらの副作用が大幅に軽減されたり、なくなったりする可能性があることが、ラットやヒトを対象としたさまざまな研究で示されています。また、2018年に行われた研究によると、大麻植物に含まれる特定のテルペンやフラボノイドは、抗炎症作用や神経保護作用をもたらし、脳の健康に有益であると考えられています。大麻の専門家は、これらの化合物をカンナビジオールと一緒に摂取することで、その治療の可能性を大幅に高めることができると想定しています。

しかし、大麻植物におけるアントラージュ効果とその役割については、まだ疑問が残っています。すべての大麻成分が互いに有益な形で相互作用できるわけではなく、どの化学物質の「組み合わせ」が最も効果的な結果をもたらすことができるかを理解するには、さらなる研究が必要です。 2019年に行われた研究では、6種類の一般的なテルペンに対するエントロピー効果の影響を調査しました。化学物質は単独でも一緒でもテストされ、研究者たちは、THCが我々のエンドカンナビノイドシステムのCB1およびCB2受容体に及ぼす影響は、テルペンを加えても変わらないことを発見しました。この結果は、アントラージュ効果が存在しないことを示すものではなく、テルペンが体内や脳内の別の場所で、あるいは別の方法でTHCと相互作用する可能性があります。THCやCBDを単独で摂取するのが良いかどうか?この質問や他の多くの質問に確実に答えるには、さらなる研究が必要です。

THCとCBDを一緒に摂取することを検討する際には、大麻は私たち一人ひとりに異なる影響を与え、その使用目的や得られる結果が異なることに注意する必要があります。例えば、関節リウマチやクローン病の人が症状を緩和するために医療用大麻を使用する場合、集中的な運動をした後のアスリートが筋肉痛を和らげるために使用する場合とは、CBDとTHCの比率が異なります。

カンナビノイドを知りたいと思っている人にとっての最初のルールは、誰にでも効くカンナビノイドの用量や比率はないということです。治療プログラムにカンナビノイドや他の大麻化合物を追加したい場合は、医療機関に相談することを強くお勧めします。そうすることで、副作用を抑え、薬物相互作用の可能性を回避し、あなたの特定のケースに必要な量を選択することができます。また、CBDやTHCなどの化合物は、反応速度の低下、口の渇き、疲労、短期記憶喪失、不安、下痢、吐き気、体重変化などの副作用があることも覚えておいてください。

投与量については、低用量から始めて、必要に応じて徐々に増やしていくことをお勧めします。CBDの場合は5mgから始めて15mgまで増やすことができ、THCの場合は5mg以下から始めて、必要に応じて増やすことが推奨されます。CBDとTHCの最適な比率についても、一概には言えません。CBDとTHCを同時に摂取することで効果が得られる人もいれば、THCの後にCBDを使うことを好む人もいるでしょう。摂取方法の数も、選択の自由を与えてくれます。CBDとTHCは、次のようなさまざまな提供方法で摂取することができます。

  • オイル
  • 外用薬
  • ティンクチャー
  • ベイプ
  • カプセル
  • グミ
  • 食品

これらの方法にはそれぞれ長所と短所があり、バイオアベイラビリティーのレベルも異なります。自分のニーズに合った最適な方法を選ぶためには、医師に相談する必要があります。

alphagreen-Better

まとめ

私たちの中には、THCを試したくないが、CBDを摂取することに興味を持っている人もいれば、CBDの効果が十分ではなく、THCの選択をやめる人もいるでしょう。私たちの中には、植物全体の大麻薬を服用することで著しく良い結果をもたらす人もいれば、カンナビノイド治療に異なる大麻化学物質を加えても何の違いもない人もいます。私たちは皆、異なるニーズや好みを持っています。

大麻化合物の間のエンタテイメント効果の問題はまだ答えが出ておらず、この理論に最終的なポイントを置くには時間と多くの研究が必要である。いずれにしても、この問題が未解決である間に、私たちは、兵士がどんなに強くても、小隊は常により強くなるという例えをしたいと思います。大麻も同じで、カンナビノイドやテルペンを単独で使用しても効果的な結果が得られるかもしれませんが、ほとんどの場合、それらを組み合わせて使用した方が、お互いの利点を強化し、副作用を軽減することで、より良い、より強い結果を得ることができます。


医療専門家による検証

Anastasiia Myronenko

Anastasiia Myronenkoは、ウクライナのキエフにある主要な癌センターで活躍する医学物理学者である。カラジン・ハリコフ国立大学で医学物理学の修士号を取得し、ドイツのGSIヘルムホルツ重イオン研究センターで生物物理学のインターンシップを終了しました。Anastasiia Myronenkoは、放射線治療を専門とし、ウクライナ医学物理士協会のフェローである。